生産性を低下させないように

工場で働くことになったら、自分の担当する作業が決められます。
基本的に、1日中ずっと同じ仕事が続くと思ってください。
ですから飽きっぽい人は、向いていないと言われています。
同じ作業に飽きてしまうと仕事のクオリティーや効率が低下し、うまく精密機械を作れません。
ずっと集中して、自分の作業に取り組んでください。
自分の作業に問題が起こると、他の人の作業にまで悪影響を与えてしまいます。

さらに工場では1日のノルマが決められるので、それを超えられるようすばやく精密機械を作る必要があります。
ノルマを超えられないと残業が続き、肉体的にも精神的にも負担が増えます。
しかし急いでいても、クオリティーを下げないように意識しましょう。
手先が器用な人だったら、すばやく綺麗な精密機械を作れるので向いています。
そして、目標を決めて作業を進めることが重要です。
目標があると、高いモチベーションを維持したまま仕事に取り組めます。

わからないことは、すぐ他のスタッフに聞いてください。
すると答えを教えてくれるので、正しく仕事を進められます。
わかったフリをして作業を進めると、間違えてあとから全部やり直しになってしまうかもしれません。
また工場では、機械を操作する場面があります。
正しい手順で使わないと、危険な事故が起こるので油断しないでください。
みんなと積極的にコミュニケーションを取ることで仲良くなり、わからないことを気軽に聞きやすくなります。

工場で働きたい人の心得

自分の仕事は、他の人の仕事に繋がっていると思ってください。 ですから自分の仕事が滞ると、他の人に悪影響を与えます。 工場全体の生産性が低下するので、集中して仕事に取り組んでください。 1日中集中できる人ならスピーディーに作業を進められ、途中で飽きることはありません。

1日のノルマを超えられるように

どこの工場でも、1日に何個の精密機械を作らなければいけないというノルマが決められています。 ノルマを超えられないと納品に影響を及ぼしますし、残業が続きます。 心身に与える負担が大きいので、ノルマを超えられるよう作業を進めましょう。 ですからすばやく、丁寧に作ることがコツです。

疑問点をすぐに解決

精密機械製造の工場で働き始めたばかりの頃は、わからないことが多いと思います。 それは当たり前なので、恥ずかしいと思わないでください。 恥ずかしいと感じて誰にも聞けないままだと、仕事でトラブルが起こってしまいます。 積極的に聞いて、疑問を解決しましょう。

トップへもどる